熊本地震においては、地震の原因の一つと考えられる量子エネルギーをグラビトン通信によって対応することで、地盤を安定化する対応策を検討しています。 この熊本地震に来ていた量子形状エネルギー(ライン)は、人間や建物にも同じものが来ていると考えれ、医学的にも様々な病気や体調不良の原因となると考えております。

20160422120213-0002
20160422120213-0003
 体調不良に対応したグラビトン通信と、地震との関係は、一見まったく関係の内容なものに見えますが、なんらかのつながりがあると私達は考えております。熊本地震の4月15日の本地震の前後においても日本国内で体調不良を訴える方が多いのです。私達は様々な原因を広く分析しながら、家庭や組織に、最良の医療を届ける仕組みの構築を目指します。

グラビトン技術、グラビトン通信の詳細、資料提供に関しましては、また条件設定グラビトン通信もお申込みについては、株式会社ミドルウェイ・ジーエスエイチ、グラビトンシステム波動研究所にお問い合せ下さい。

とくに身体の悪い人は、森の診療所など全国のグラビトンクリニックにお問い合せ下さい。これらのクリニックは最高水準の医療提供のため、高額治療となります。グラビトン通信システムが導入されているクリニックは、全国でも限られた病院のみとなります。

お問い合わせ先

GSH(グラビトンシステム波動研究所)への問合せ先 >>
各病院への問合せ先 >>