グラビトンテクノロジーにより根本的治療を可能にした真の医療大革命。グラビトン通信医療

グラビトン通信医療

  • HOME »
  • グラビトン通信医療

グラビトン通信医療とは

~あらゆる物資と環境は情報・秩序構造でとらえることが出来るのでは~

アメリカの研究チームにより重力波が検出されたという発表がありましたが、今後、重力波が様々な技術において活用されていくことへの期待が高まっています。一つにはデジタルでとらえられるよりも、より広範な領域にてのデータ検出・情報検出が可能になる時代が期待されています。

東京工業大学の故・関英男博士、そして元KDD副社長の宮憲一氏らは、この概念の研究を初期の段階から進められておりました。
より広範囲・高速・大容量のデータの送受信ができないかとのことで、あみだされた概念が、グラビトン通信システムの初期の形です。
グラビトン通信は、エレクトロニクス(電磁波の科学)と、これから生み出されるグラビトン(立体情報科学)の融合を目指しています。
このグラビトン通信の概念・データを方法論として活用し、より広範囲の情報をとらえていく、新しい医療形態はグラビトン通信医療と定義しています。
グラビトン通信医療により、患者様の情報を環境面から分析をすることで、あまり病院に行かなくても治療が出来る、ということが基本的な概念となります。

グラビトン通信は、「空間」、「人」などについての情報関係を分析をしながら、医療面においても活用されるテクノロジーなのです。
この仕組みが体系化された仕組みが、グラビトン通信システムとして、提供されています。

現在、グラビトン通信システムを導入した病院・クリニックによる、新たな治療が始まっており、数多くの臨床研究が進められております。癌、アトピー、認知症、パーキンソン病、糖尿病、脳梗塞、高血圧などあらゆる症例に対応した治療に活用され、改善効果の実績をあげております。この結果として、グラビトン通信システムのデータベースも豊富になり、さらなる治療に活かせる、という良い循環を目指しています。

登校拒否、引きこもりの方、病院に入院中の方、様々な依存症でお悩みの方などにおいても、環境設定を変えていくこの医療システムは効果的であり、治癒に至った症例が数多くあります。

また、病気の症状以外も、様々な不快要素や、原因不明の体調不良などについても、現場の医師のアドバイスを環境面から分析をすすめています。

グラビトン通信医療とは

グラビトン通信医療とは

症例報告

症例報告

セミナーのお申し込み

セミナーのお申し込み

PAGETOP
Copyright © グラビトン通信医学会 -公式サイト- All Rights Reserved.